ホームページへ リンク 好評連載中「のんちゃん住空間快適日記」 個人情報保護方針 お問い合わせ
ホームページへ 本物の珪藻土 壁塗装 遠赤外線床暖房 自然塗料 防カビ剤 会社概要

 

遠赤外線床暖房TOP
 
暖テックシート&パネル
暖テック製品案内
暖テックコントローラ仕様
暖テック施工上のご注意
暖テック施工マニュアル
暖テック価格表
 
ぽから
ぽから製品案内
ぽからコントローラ仕様
ぽから施工マニュアル
ぽから価格表
 
断熱材
断熱材「ゼットロン」
 
FAQ
PTC(自己温度制御)とは
よくあるご質問

環境商品
施工事例
ショールーム
お客様の声
ショッピング
無垢材のメンテナンス
家のメンテナンス

 

クレドの取り組み

チームマイナス6%
関西エコオフィス宣言
暖テック施工上のご注意
暖テックシート&パネル
暖テックシートが新しくなりました

釘打指定区域が一目で分かりますので、安心して施工が出来ます。


画像拡大 画像拡大

ヒータ釘打指定区域(画像クリック拡大)

ボンド穴(画像クリック拡大)

釘打指定区域が一目で分かりますので、釘打ちでシートを傷つける心配がなくなりました。

ボンドと釘の併用した施工が可能です。
床暖房対応ウレタン系ボンド推奨




床面温度について
 

床暖房用木質フローリング12 oでの床面温度を基準とし、室温が20℃の時に、床面温度が28〜30℃となるように設計されています(室内環境や建物の断熱工法により、差があります)。
また、ヒーターが自己温度調節機能(PTC)のため、床暖コントローラは室温感知式とし床面温度の制御機能は必要ありません。室温感知式というのは、補助暖房機器などによるお部屋の暖めすぎを防止するための機能です。




敷設率について
 

敷設率60%以上をお薦めします。基本的には“床”暖房ですが、長時間使用すると室温が15〜18℃になるからです。
また、寒冷地では外気負荷の関係上、敷設率70%以上をお薦めします。




床仕上げ材について
 

必ず床暖房用を使用して下さい。同様の仕上げ材でも、メーカーにより材質・特性の違いがありますので、各床材メーカーにお問い合わせ下さい。




床構造について
 

各種床仕上げ材により、別紙のように床構造及び施工方法・注意点を決めています。
暖テックはパネル(厚12o)とシートをご用意していますので、あらゆるタイプの床仕上げに対応いたします。
また、建物の断熱につきましては、一般的な断熱材による標準的な施工がなされていることを前提としています。


[1]

床暖房用フローリング・木質

 

床面温度は、上記1のとおりです。床材の厚さは15oまでの商品を使用して下さい。


[2]

CFシート

 

素材が柔らかい為、ヒーター上に合板5.5〜9oを敷設して机の脚部等の重量を分散して下さい。CFシートの色や日光・照明の当たり具合によって合板の突き合わせ部分が、浮き出る場合がありますので注意して下さい。合板の突き合わせに段差が出る場合は、不陸処理をして下さい。


[3]

コルクタイル

 

素材が柔らかい為、ヒーター上に合板9〜12oを敷設して机の脚部等の重量を分散して下さい。コルクタイルの色や日光・照明の当たり具合によって合板の突き合わせ部分が、浮き出る場合がありますので注意して下さい。合板の突き合わせに段差が出る場合は、不陸処理をして下さい。


[4]

カーペット

 

厚さ7〜10oが最適です。厚いものやアンダーフェルト敷きの場合は、熱効率が悪く表面温度で4〜5℃低くなります。
カーペットは、素材が柔らかい為ヒーター上に合板5.5oを敷設して机の脚部等の重量を分散して下さい。また、合板を敷設することによりヒーターを保護すると同時に熱伝導が良くなります。


[5]

 

畳は必ず15〜25o厚の床暖房用畳を使用してください。
室温20℃の時に、畳面温度で23〜27℃ですが、フローリング仕上げなどの場合にくらべ、昇温速度が遅くなります。


[6]

大理石・御影石

 

石材仕上げの場合、乾式施工に限り対応が可能です。
石表面温度は、室温20℃の場合で、石厚15oの時 28〜30℃、石厚20oの時 25〜28℃になります。
石の敷設には、コニシボンドEMS20を使用してください。
※ 敷設部分の環境により(石面を水で洗う・湿気の多い所・屋外等)使用できない場合がありますので、事前にお問い合わせください。




レイアウト及び機器の取り付けについて

[1]

各種の部屋ごとの標準レイアウト方法は、パンフレットに記載しています。周囲にたんすやサイドボードなど家具を置く場合は、壁面より50〜60p程度離してレイアウトし、暖テックの直上に重量物を置くことは、できるだけ避けてください。


[2]

根太及び直貼工法共に、捨貼合板12oの上に暖テックを敷設して下さい。根太の上やコンクリートの上に直に敷設しないでください。




制御機器について

[1]

小面積床暖房

 

キッチン、トイレ、脱衣所などの小面積床暖房には、ON・OFF スイッチ(ひかるスイッチ・松下電工WN5341 等)又は、24時間タイムスイッチ(松下電工・WN5731等)の使用も可能です。
暖テックヒーターは前記1の自己温度調節機能により、一定の温度を保持いたします。


[2]

中面積床暖房

 

リビング・ダイニング・寝室などの中面積床暖房には、暖テック専用の床暖コントローラ及びリレーボックスを使用して下さい。
リレーボックス1台で暖テックDAN-18090×5枚(200V の場合は10枚)を接続できます。


[3]

大規模床暖房

 

老健施設・保育園・病院などの大規模床暖房には、業務用制御機器をご用意しておりますのでご相談ください。




暖テック床収まり例

[1]

フローリング

 

フローリング

  フローリング

[2]

クッションフロアー

 

クッションフロアー

  クッションフロアー

[3]

 

畳

  畳


このページの先頭へ

 

株式会社Cred [クレド]